日吉寮クロストーク

Culture

「若手社員、ひとつ屋根の下」

 
 

「ひとつ屋根の下」ずっとつづく関係を築いていく。

新入社員のほぼ全員が独身寮で暮らす伊藤忠商事。2018年3月、伊藤忠商事はそれまであった
4ケ所の男性独身寮を統合し、日吉(横浜市)に全寮生が「ひとつ屋根の下」に集う新しい寮を開設しました。これまではそれぞれ別の寮で生活をしていた若手社員4名に、新しい寮の魅力から仲間との生活まで、前寮との比較を交えてたっぷり語ってもらいました。
  • 平野佑樹

    機械カンパニー

    2016年入社

    平野佑樹

  • 石川凌士

    機械カンパニー

    2016年入社

    石川凌士

  • 山西鉄

    金属カンパニー

    2017年入社

    山西鉄

  • 汲川尚憲

    金属カンパニー

    2017年入社

    汲川尚憲

入寮の理由

THEME01

  • 平野佑樹
    自分は大阪出身なので、当たり前に寮に入ったんだけど、みんな、割と実家から近いよね。なんで寮に入ろうと思ったの?
  • 石川凌士
    出身は東京だけど、やっぱり入社したばかりだと同期も先輩も全然わからない。社内の人とのつながりをつくりたかったのが大きいよね。
  • 山西鉄
    自分も実家は同じく東京なんですけど、僕の場合は結構単純で、伊藤忠商事は朝型勤務の会社だから、朝が早いので親に迷惑かけるかなって思ったのと、あとは自立したかったというのがありますね。
  • 汲川尚憲
    ずっと実家暮らしだったので、家を出て自立したかったというのは大きいですね。
  • 石川凌士
    まぁ、実家にいると今までの生活と変わりがないし、寮に入ったら同期もいて楽しんじゃないかなって思うよね。
  • 山西鉄
    4か所の寮のうち、どの寮に入るかは抽選で決まったんですけど、寮によって全くカルチャーが違うんでびっくりしました。
  • 平野佑樹
    だよね。自分とクミ(汲川)がいた成城寮はみんな仲が良かったけど、鷺沼第二寮はイイ意味でドライだったんだって?
  • 石川凌士
    ドライ、ドライ(笑) 同じ鷺沼でも、第一の方は濃かったらしいんだけど。
  • 汲川尚憲
    4つの寮が1つに統合されて、これから日吉寮の雰囲気はどうなっていくんだろうって楽しみはありますよね。
 

日吉寮の魅力

THEME02

  • 山西鉄
    魅力と言えば、やっぱり通勤時間ですね。以前の寮は駅までの道のりに激しいアップダウンがあって、少なくとも駅まで15分、Door to Doorで60分はかかってました…
  • 石川凌士
    忘れ物したら、絶望的だったもんな(笑) 駅近はほんと素晴らしい。
    ※ 日吉寮は駅から徒歩約3分、東京本社まで約30分
  • 汲川尚憲
    成城寮からだと、通勤時間はそんなに変わらないんですが、大きく変わったのは食事ですね。
  • 平野佑樹
    そこは変わった。
    おかげで平日はほぼ毎日寮で晩ご飯を食べるようになった。
    ※ 日吉寮では朝食だけでなく、これまではなかった平日の夕食も提供。
  • 汲川尚憲
    僕もそれまでコンビニで済ませたりしていたんで、安くて美味しくてヘルシーな食事を食べられるのは、ほんと嬉しいですね。
  • 石川凌士
    種類があって、その日のメニューをInstagram(@leoc_hiyoshi)に投稿してくれるのもいいよな。
  • 山西鉄
    いい、いい!いつも更新を楽しみにしています。他にも、新築だから部屋もきれいだし、設備も充実してますよね。屋上のテラスは見晴しも良くて、夏はすごく気持ち良さそうです。あっそうだ、グランドフロアの大浴場って行ってます?
  • 平野佑樹
    毎日入ってるよ、成城とは比べものにならないくらい綺麗な大浴場で気持ちいいね(笑)しかもサウナまであって、まさに至れり尽くせり。でも一番大きいのは、日吉寮に移転してから、ご飯どうしようとか、帰りに雨が降ってきたときに駅に停めた自転車どうしようとか、余計な心配をしなくてよくなったことだよね。
  • 石川凌士
    仕事に集中できる環境が揃ってる、って感じだね。この前も、ワイシャツのボタンが取れちゃったんだけど、管理員の女性にお願いしたら、すぐに付けてくれたんだよね。あの時は本当に助かった。
  • 山西鉄
    近隣のスポーツジムとも提携していて、格安で利用できるのもありがたいですね。仕事に集中するためにも、体調管理は不可欠ですし。寮の脱衣所にもInbodyっていう体組成計が設置してあって、ジムの成果を毎日確認しています(笑)
 

タテ・ヨコ・ナナメの人間関係

THEME03

  • 平野佑樹
    成城寮の出身としては、みんなでご飯食べて、お風呂に入ってという先輩たちがつくってくれたカルチャーがすごく心地良かったんで、ここでもそんな人間関係ができたらいいと思っているよ。
  • 汲川尚憲
    先輩たち、ほんとにフランクにご飯とか誘ってくれましたもんね。いまもやっぱり成城寮出身者と話すことが多いです。
  • 平野佑樹
    ドライ組(笑)はどう?日吉に移ってなにか変わった?
  • 山西鉄
    部屋割りが、年次/所属を考慮して決まっているんですよね。だから、これまで全く関わりの無い部署や違う寮の出身者と休みの日に食事に行く機会が増えてきているのは間違いないです。話したことがある先輩も格段に多くなりましたね。
  • 石川凌士
    寮ができてまだ間もないし、タテ・ヨコ・ナナメの関係はこれから更に深まっていきそうだよね。そのための制度や設備が整っているのは嬉しい。ただの談話室、とかじゃなくてカフェとかBarコーナーとかあって、知り合いがいるとついつい寄っちゃうよね。食堂の小上がりには大型テレビやプロジェクター設備もあって、ビール片手にスポーツ観戦もできるから今年のワールドカップを寮生みんなで観戦するのが今から楽しみです!
    ※ タテ=上下、ヨコ=同期、ナナメ=所属組織を超えた関係を指す
  • 平野佑樹
    寝不足で朝型勤務に支障が出ないようにね(笑)そう言えば、この前、初めてカーシェアリング使ったけど、あれ、メッチャイイよ。4人で昼ご飯食べているときに、「ちょっとゴルフの打ちっぱなしいこうか!」みたいな感じで。しかもスマホで車のロック解除も出来てびっくりした。
    ※ 伊藤忠商事のグループ会社である東京センチュリーと協力し、ニッポンレンタカーサービスによる日吉寮専用のカーシェアを5台導入。寮生は予約状況を確認し、格安で利用可能。
  • 山西鉄
    何それ、すごくいいじゃないですか。今度、誘ってくださいよ!
  • 汲川尚憲
    人間関係って、そんな感じで自然とできていくのかもしれないですね!
  • 石川凌士
    これまでの良いところを引き継ぎながら、これからの世代も共感できるような関係をつくれる場所になったらいいよね。
 

イベント

THEME04

  • 汲川尚憲
    成城寮は、イベントも盛んでしたよね。花見とかBBQとか、ゴルフコンペとかちょくちょくあったし。
  • 山西鉄
    ドライな寮に住んでいた側からすると、正直いって面倒くさいなって思ったことはなかった?
  • 平野佑樹
    最初はあったよ。休みの日くらい自分のペースで過ごしたいなって。でも、やってみると、これが楽しいんだ。テツ(山西)だって、絶対、そういう気持ちになるって(笑)
  • 石川凌士
    やっぱり、そういうもんか。いままでなかった分、ここでつくっていきたいっていう気持ちはあるよね。面白そうだし、いろんなアイデア出せそうだし、自分でもちょっとワクワクしてる。
  • 山西鉄
    新しいことを始めるって意味では、寮にいる約半分が新入社員っていうのはいいかもしれないですね。その分、僕らの役割は大きいんだろうけど。
  • 汲川尚憲
    フロア長が中心になって、入社2,3年目の僕らが新入社員をサポートしていく。新しいカルチャー、つくっていきたいよね。
  • 平野佑樹
    そうだよ。部屋に籠ってるのもいいけど、それだけだと寮に入っている意味がないもんな。
  • 山西鉄
    その気になってきました(笑) みんなで日吉寮ライフ、満喫しましょう!