世界は広い。だが自分の未来はもっと広い。

PROFILE

伊藤忠エネクス㈱出向

加島大輔

2011年度入社

ビジネスを通じて世の中を豊かにしたかった

野球に打ち込んでいたため留学経験等はなく、どちらかといえばドメスティックな大学生活を送った反動なのか、働くからには世界を舞台に活躍できる仕事がいいと思っていました。そこで浮かんだのがメディア関連。世界の貧困地帯などを報道したいと考えたのです。しかし、就職活動を続けるうちに人を動かすメディアよりも自分から動く仕事がしたいという思いが強くなっていきました。また、ビジネスが社会貢献に結びつくような取り組みにも興味が湧いてきました。そこで目が向いたのが、海外で多くの事業を手がける総合商社。特に新興国の経済発展に寄与しつつ、資源のない日本の国益にも資するということで、資源ビジネスに携わりたいと思いました。ではなぜ伊藤忠だったかというと、一つには「財閥系にはないビジネスの難しさとそれ以上の面白さを味わえる」と同じ大学出身の先輩社員に聞いたことがきっかけです。そして決め手となったのは、若手に仕事を任せてくれるチャレンジングな社風。少数精鋭の組織の中、個人が大きな裁量を持ちながらビッグスケールの仕事に取り組めると感じたのです。入社してみたらこの印象通りのカルチャーで、自由に伸び伸びとやらせてもらっていると感じています。

CAREER STEP

若手にも多様な経験を与えてくれる社風

入社してからのことを振り返ると、さまざまな経験を通して成長する機会を多く与えてもらっていることを実感します。
入社2年目に、ロシア国営石油会社とエネルギー省を相手としたいわゆる“G to Gプロジェクト”の一員として、日本政府やロシア政府を相手とした交渉に携われたことは貴重な経験でした。また、2014年度からの3年間は営業というフロントから一歩引き、部門の決算管理を担当しました。ステークホルダーに注視されているという緊張感を抱えながら千億円単位の資産を抱えるエネルギー部門の損益やキャッシュフロー見通しを作成することを通して、数字の持つ意味を理解できたと感じています。また、事業のトップや会社の経営陣がどのようなプロセスで意思決定を行うのかをリアルに感じられたことでビジネスに対する視野が拡がったことも実感しております。
2016年8月から2017年1月までは、台湾で中国語研修を行う機会に恵まれました。中国の世界経済における存在感は高まる一方、会社としても中国に大きな投資を行ったこのタイミングで中国語を勉強できたことは今後の社会人生活において必ずやプラスになると考えております。また、一旦仕事から離れることで自分を見つめ直すいい機会にもなりました。

一日の生活

台湾での中国語研修と今後の社会人生活

2017年の4月からは、伊藤忠グループのエネルギー専門商社で国内最大手の伊藤忠エネクス(株)に出向し、日々対顧客の商売に邁進しております。いわゆる「営業」は私にとって初めての経験ですがここでも日々新たな発見があります。かつて行っていた投資は将来のリターンのために業務を行うのに対し、トレーディングは日々の“売った、買った”で稼ぐ、まさしく“商い”そのもの。着任して半年余りですが、新たな商売を作ることの難しさに日々直面しています。
これまでの経験そして現在の業務を通して、投資、経営、トレーディングの知見をバランスよく身につけた人材になりたいです。そして最終的にはそれらの知見を活かし、伊藤忠のエネルギー部門を総合商社No.1にすることに貢献したいと考えています。

休日は野球で過ごすことも多いです。特に春から秋にかけてのシーズンには、全社からメンバーが集まって他商社と対戦する商社リーグの試合に参加したり、エネルギー部門員で構成したチームで試合を行ったり。いいリフレッシュになるとともに、上司や同僚、後輩の普段とは違った一面を垣間見ることができて大変楽しいです。

ひとりの商人、無数の使命