伊藤忠商事の働き方改革

Culture

目指すは「厳しくとも、働きがいのある会社」

目指すは

厳しくとも、
働きがいのある会社

産業界に先駆けて「朝型勤務」やカジュアルな服装を推奨する「脱スーツ・デー」の導入等の「働き方改革」を進めている伊藤忠商事。働き方の価値観を変える改革には当初社内に大きな抵抗や戸惑いがありました。浦島宣哉人事・総務部長が、それらの改革の真意を語りました。

人事・総務部長浦島 宣哉
朝型勤務
Revolution 01
朝型勤務を始めたのは2013年10月のことです。伊藤忠商事も長らく同業他社と同じく、フレックスタイム制度を導入していました。コアタイムを午前10時から午後3時としていましたが、効率的に働くというよりは、多くの社員が午前10時に出勤し、夜遅くまで働くというのが実態でした。しかし、取引先には朝が早い会社も多く、午前8時半出勤という会社も決して珍しくはありません。朝一で「注文した商品が届いていません」と連絡をいただいても、「担当者は10時出社です」という状況ではお客様からの信頼や期待を勝ち得ることはできません。また夜に長時間残業をするよりも、朝早くから仕事を始めるほうが効率的であるとも考えていました。
そこで午後8時から午後10時までの勤務は「原則禁止」、午後10時から翌日午前5時までの勤務を「禁止」としました。逆に午前5時~午前9時は深夜勤務と同じ割増手当が付くようにし、さらに午前8時までに出社した社員には軽食を無料で提供することで、夜型の働き方を朝型に切り替えることを促しました。一連の施策の導入で、今では午後8時以降に残業をする社員はわずか5%。午前8時より前に出勤し仕事を開始している社員は全体の半数近くになりました。際限のない夜と異なり朝は早く出社するにしても現度がありますから、結果的に残業時間は、導入前よりも約10%強減少しました。朝型勤務を通じ、長時間残業をしてその後深夜に飲みに行くといった生活ではなく、短時間で集中して仕事に取り組み、夜は早く帰るスタイルに切り替わっていったのです。
 
110運動
Revolution 02
 
夜の残業は大幅に減りましたが、その後長時間飲み歩いていては効率的で健康的な働き方はできません。そこで、朝型勤務に引き続き、飲み会についても同様の改革を行いました。昔の商社パーソンと言えば、夜は飲み会が当たり前。しかも2次会、3次会に行っていたものですが、今はそんな時代ではありません。商談や懇親は1次会だけでも十分に行えます。夜の会食も生産性の高い時間の使い方にすべきではないでしょうか。そもそも、深夜まで延々と飲みたいと思っているお客様が、どれくらいいらっしゃるのでしょうか。 社内外に関わらず、飲み会は「1次会のみ午後10時まで」を全社的な行動規範として徹底しています。この運動を伊藤忠商事では「110運動」と呼んでいます。深夜まで飲むことが必ずしも商売につながるものではありませんし、2次会や3次会に行くと疲労も溜まるので様々な問題が起きる可能性も高まります。酔い潰れれば誰かが自宅に送り届けなければいけませんし、トラブルに巻き込まれる可能性も高く、翌朝は疲れて仕事にならない。こういった日々が続けば、生活習慣病の原因にもなり、良い事は何もありません。
脱スーツ・デー
Revolution 03
2017年6月からはカジュアルな服装を社員に奨励する「脱スーツ・デー」を始めました(当初は金曜のみ、現在は火曜~金曜に拡大)。ジーンズやスニーカーでの勤務も可能としている本施策では、お客様目線でTPOをわきまえながら、自由度のある当社らしい装いを推奨しています。百貨店のスタイリストに社員のトータルコーディネートを依頼、選んでもらった装い一式を会社負担で無償提供するプログラムや、新しいスタイルを体感してもらうプログラムも実施しました。お客様や周りの人との関係性を意識しながら、明日の服装をどうしようかと考えることで、柔軟な発想力を養い、斬新な仕事のアイデアを生み出しやすい職場環境をつくると考えています。
がんとの両立支援
Revolution 04
現在日本人の2人に1人ががんに罹患するといわれています。年間85万人が新たにがんと診断され、うち3割が就労世代です。がんは一般的に、一定期間の集中した治療とその後の入念な長期フォローが求められるものです。当社においても、がんと闘病しながら働く社員や、惜しくも亡くなられた社員がいますが、社員ががんに怯えることなく、負けることなく、働き続けられる環境を作ることが社員の意欲や組織の活力を生むものと判断し、社員のがん予防・治療の強化にも乗り出しました。
主な施策は(1)国立がん研究センターとの提携によるがん検診の義務化、(2)高額な高度先進医療費の全額補助、(3)がんとの両立支援体制構築、(4)子女育英資金の拡大――の4つです。このような支援体制を整備することに加え、がんと診断された社員が職場の中に「自分の居場所がある」と感じられるということが大切だと考えています。人は、自分の居場所があると感じるときに大きな力を発揮するものです。がんとの闘いに勝つためにも、職場の仲間がその社員を支え応援し、自分の居場所はここだと実感できる体制を作ること、そのような職場を作ることが大切だと考えています。がんになっても社員一人ひとりが持続してやる気やりがいを持ち、安心して働き続けることの出来る職場を目指しています。
日吉独身寮
Revolution 05
2018年3月に神奈川県横浜市に、それまでの独身寮よりも近い「通勤30分」の距離に、約360名が入居できる男子独身寮を新設しました。この寮には、社員の健康に配慮した朝食・夕食を提供する食堂や、多目的集会室、研修室、サウナ付大浴場、ライブラリー、各階のコミュニケーションスペース(カフェ、バーコーナー、リラックスラウンジ、オープンテラス) 等、多彩な共有設備を用意しました。また、カーシェアや近隣のフィットネスクラブも利用可能としています。社会人の一歩を踏み出す若手社員が、年代や部署を超えた「タテ/ヨコ/ナナメ」のコミュニケーションを取りやすい環境を設けることで、寮を社員教育の場としても活用し、人的ネットワークの構築を図っています。