message

 

 

 

お会いできるのを心より楽しみにしております。
総合商社として、今なお「力強く」成長し続ける伊藤忠商事。
そんな会社で働く事務職の社員に、みなさんはどんなイメージを持っていますか?
個性豊かで魅力的な社員たちがみなさんとお会いできることを楽しみにしております。

 

挑戦を続けることが出来る理由島村 優大
当社の事務職は、総合職の「パートナー」です。仕事を進める中で、数多くのトラブルにぶつかりましたが、その時は必ず、事務職の皆さんが助けてくれました。伊藤忠商事が「失敗を恐れず、挑戦を続ける」ことができるのは、事務職の皆さんがいるからです。当社の事務職には、どんなに難しい状況であっても、総合職にも意見やアドバイスをしながら、チームを支え、時には引っ張っていくような「主体性」が必要です。これからも挑戦を続ける当社を共に創っていく、主体性を持った皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

 

「最後の砦」榎本 彩乃
この言葉は私の尊敬する先輩の言葉です。事務職として、「最後の砦」という責任感を持って取り組むことが大事との教えです。伊藤忠商事の事務職は、幅広い業務を担当でき、積極的に動けば仕事を任せてもらえる、そんな環境があります。視野を広く持ち、総合職の気づかないところをフォローするだけでなく、自分の意見を持ち、主体的に働きかけることでチームを支えています。チームの中で自分に何が出来るのか考え、「最後の砦」という意識で取り組み、求められることには+αで返すことを意識しています。皆さんも一緒に走り出しませんか?

 

伝えること、表現することの大切さ田中 奏子
入社後、私が事務職に求められると感じることは、周囲の為にもスムーズに業務が遂行するように、多方面から多様に対応することです。また、伊藤忠商事の事務職は、工夫や関わり方次第で業務の幅が広がります。
私が就職活動で意識したことは、これまでの経験の結果や成果に拘りすぎず、どのような想いで取り組んだのか等、表現しにくい内面を伝えることでした。取り組み方や関わり方、過程とその時の想いを自分の言葉で表現することが重要だと思います。
最後まで前向きな気持ちを持って頑張ってください。応援しています。